読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ハイペリオン」を読みました。

小説
この記事は最終更新日から一年以上が経過しています

人類が地球から離れた遥か後の世界、辺境の惑星「ハイペリオン」には「時間の墓標」と呼ばれる時間を逆転させる力を持った謎の建造物があり、またそこには殺戮者「シュライク」が封じられているとも言われれている。その時間の墓標に何らかの異変が起き、また宇宙の蛮族「アウスター」が侵攻を開始したことから、7人の「巡礼」がハイペリオンに送り込まれる、というストーリーです。「涼宮ハルヒの憂鬱」の中で長門が読んでたことでも有名ですね。(とか書きつつぼくはそのシーン見てないのですが…)

その7人の巡礼達が「時間の墓標」に向かいながら、それぞれの行かなければならない理由を語るという、一種の連絡短編みたいな形になっています。これがどれも面白いんですよ。司祭、兵士、詩人、学者、探偵、領事、というそれぞれ全く違う話があり、SFっていう一本背骨は通りつつ、ラブロマンスみたいなテイストだったりハードボイルドみたいなテイストだったり、ガンガン攻めてくる魅力があります。また訳文もいい!読みやすいのはもちろんですが、単語のチョイスとかもなんかカッコイイんですよね。

で、それぞれの理由を語り終えたところでラストが「一歩一歩を踏みしめて、(注:「時間の墓標」に向かう)谷の底へと降りていった」。

…着かへんのかい!!!!!

思わず古のテキストサイトみたいな書き方しちゃいましたが、続編の「ハイペリオンの没落」(と、さらにいうならその続編の「エンディミオン」「エンディミオンの覚醒」で四部作)まで読んで完結らしく、ハイペリオンだけ読んでも特に結末とかないのでした。
こ、これは続きも読むしかない…!

404 Blog Not Found:中年になってから読むべき最高傑作 - ハイペリオン/没落/エンディミオン/覚醒
↑中年になってから読むべき、とありますが、年齢関係なく楽しんで読めると思います。中年になったらまた別の楽しみ方ができるのかもしれませんが…。

ハイペリオン〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)
ダン シモンズ
早川書房
売り上げランキング: 156,541
ハイペリオン〈下〉 (ハヤカワ文庫SF)
ダン シモンズ
早川書房
売り上げランキング: 174,190
広告を非表示にする