「キングスマン:ゴールデンサークル」を見ました

www.foxmovies-jp.com

二時間半の長さながら、それを感じさせない作り

正確には141分と、かなり長い映画になってます。

後から思い返してみると、「このエピソードまるまる削れたんじゃねえの」とか思うシーンもなくはないのですが、緩(ギャグ、謎ガジェット、エルトン・ジョン)急(アクション、ちょいゴア)があって、見ている間は全く長くは感じませんでした。

ハンバーガーを食べよう!

今作ではハンバーガーが重要?なアイテムとして出てきまして、ハードロックカフェではコラボメニューもやってます。(何にと言うとネタバレになるのでいいませんが、想像してくださいw)耐性がある人は見た後でもいいですが、100%楽しむためには是非映画を見る前に食べたほうがいいんじゃないでしょうか!でも後で文句は言うなよな!

ちなみにハードロックカフェのコラボメニューはめっちゃくちゃ量多いです。少食なわけじゃないですがぼくもオニオンフライ食いきれなかった…。ウイスキーとかもあるので、是非世界のお酒に思いを馳せながら一緒に。ボウモアとかもおいてるよ。

見た後ならHUBとかもいいかもしれませんね。紳士がエールをゆるゆる飲んでるってのはあまりイメージつきませんが、あそこもウイスキーとかもあったはず…。もしくはお近くにオーセンティックなバーがあればそちらでも。

前作との繋がりについて

前作見てなくてももちろん楽しめるのですが、前作に出てきた内容とかが出てくるので見てないと「?」ってなるシーンもあるかと思われます。今ならDVDとか安いので、是非みましょう!!

ちなみに前作と比較してどうだったかという話になると、前作は007の初期をイメージさせるスタイリッシュなスパイアクション、今作はもうちょっとバカ映画寄りに振ったイメージでしょうか。

補助線としておすすめするツイート

↑行く前にこの2つ頭に叩き込んどいでくれ!頼む!!!

ディズニー作品「ファイアボール」は何故面白いのか

ちょうど2017年で良かった作品というキャンペーンもやっていることなので、「ファイアボール」について紹介してみようと思います。たまたま今回、「ファイアボール読書感想文コンクール」において、「宇宙海賊レジナルド賞」を受賞しまして、宇宙海賊を名乗ることを許されるという栄誉をいただいております。上記のリンク先にて名前が乗った動画が(わざわざ!)作られて掲載されておりますので、よければ見てやってください。

ファイアボールとはどういった作品なのか

メルクール暦48650年。地球ともそうでないとも明言されない惑星において、4万8千年以上前にイルカといった野生動物とそれを含む自然環境は壊滅し、人類は自らの統治ロボットに委ねていた。しかしロボットはやがて貴族化し人類はそれに抵抗を見せ始め、人類の軍隊とロボット貴族との戦争はすでに2万年に及んでいた。

面倒なのでWikipediaから引用させていただきましたが、要は遠い未来を舞台としたSFコメディ作品です。

www.youtube.com

www.youtube.com

といいますか、無料で全話公開されてますのでこれを見ていただいたほうが早いかと思います(笑)。

SFとは何なのか

以前書いた別のエントリでも同様のことを書いたような記憶がありますが、SFっていうのは科学的に正しいかが重要なんじゃなくて、ロマンがあるかどうかが重要なんだと思ってます。もちろんサイエンスって言ってる以上あからさまに嘘を書かれても困るわけですが(笑)。ロマンっていうのはつまり想像の余地のことで、「遠い未来にはこういうことあり得るかも」「遠い宇宙にはこんな生物がいるかも」とか、そういう想像ができるって、ロマンがあるじゃないですか。

ファイアボールは何故SFたるゆえに面白いのか

「イルカが見たいわ」
「あなたはイルカを見たことがあって?」
「ただいまお屋敷の映像データベースを検索しております」
「ほう!これは愛らしい」
「そうよ、愛でてよし食べてよしよ…愛でてよし食べてよし?」
「データベースによりますと、約48,000年前まで、この地上で二番目に知能の高い生物だったとあります」
「人類は?」
「三番目のようです」

これは(一部要約していますが)第一話冒頭のセリフ。

このセリフほんとにレベル高いと思うんですけど、この短いやり取りの中だけでも、二人はイルカを見たことがない、でも屋敷のデータベースにはある(普段は必要としていないので外部HDDのような形で保存されていると思われる)、イルカを食べる人もいる(太地町とか?)、48,000年前までは存在が確認されていた、という事実が明らかにされています。

またイルカというチョイスも示唆的で、脳の密度が高いというのは有名な話ですが、SF作品でもアーサー・C・クラークイルカの島 (創元SF文庫)という作品を書いていたり、ちょっと違いますがトップをねらえでも電脳化されたイルカがヱルトリウムにのってたりしましたね。あと「イルカが攻めてきたぞ」の画像とかw

これが要はさっき僕が言いたかった、ロマンとか想像力とかの話なんですよ。語られていることと語られてないことのバランスが絶妙なんで、「じゃあ何故」っていう問いがいくらでも出てくると思います。

例えば一番目に頭のいいのは誰だったのか。幼年期の終わりみたいに「オーバーロード」みたいな存在が出てきたのか、それとも一番頭がいいのはロボットだと言いたいのか(生物って言ってるんでこれは違いそうですが)。愛でてよし食べてよしっていう場面でちょっと首をかしげてるので、食べるという概念はしってるけど意味はあまり飲み込めてないのではないか、とか。

見進めていくと人類とは戦争状態にあるということが分かるのですが、どのような理由で戦争になったのか、人類はどういった状況にあるのかも明らかにされません。さらにもっというと、遥かな未来の作品なので、もしかしたらそもそも舞台が地球ではないという可能性もあります。もうそうなってくるとディストピアものですが(笑)。

明確に描かれる「終末感」について

人類との戦争中であるという背景があるとしても、この作品では明確に終末感のある描写がなされます。例えば一期ではドロッセルお嬢様の文通相手とのやりとりの間で通信使が何人も犠牲になっているというセリフだったり、二期では明確にお屋敷が炎上しているシーンもあります。

その「明確に炎上しているシーン」に至っても、お屋敷の外が描かれることは一切ありません。ただ我々は画面の中から想像してそれ以外を想像することしかできません。

そしてその我々が想像するお屋敷以外の世界というのは、つまるところお屋敷以外の世界を知らないドロッセルお嬢様の世界ともイコールであるのです。

FGO 砂集め 第七の門 3T周回メモ

f:id:wen000:20171225193418p:image

毎年FGOのクリスマスシナリオは出来がいいですね。今回も良かった。

周回メンツ探すのに手間取ってあんまりゴリゴリ回せなかったのですが、羊4匹でほぼ3T安定な形ができたので、メモがわりに残しておきます。どうせ来年復刻やるんでしょ?(笑)

で、とりあえずパーティはこれにおちつきました。

ネットだと弓テラさん入れてるのとかバサスロとかありましたが、凸カレなかったりであまり使いこなせず。

・1T→ステラ

・2T→マーリンのバフを全てかけて控えのマーリンにオーダーチェンジ。出てきたマーリンは英雄作成だけギルに使います。最後にギルがカリスマを使ってエヌマエリシュ。ほぼ確殺。

・3T→孔明のバフ全て使ってnp50、控えの方のマーリンがnp20とギルの自分へのバフで30、ここで宝具再度打てるようになるのですが、これでも30万前後。とはいえバフ乗ってるのと星も出てるはずなので、宝具BBEXにクリ乗ればオーバーキル過ぎるくらい、そこまでいかなくても宝具とB一発でもクリ乗ればいけたり、最悪でもバフはまだ残ってるので次のターンで何とかなる感じです。5T目まで残ったことはないかな。

Switchを修理したらセーブデータが全部消えた件

楽しくsplatoonを遊んでたのですが、急にswitchが立ち上がらなくなってしまいました。状況としては

  • 再起動を促すメッセージが表示される
  • 再起動をすると、Nintendoロゴの次に表示されるSwitchロゴから進まなくなる
  • メンテナンスモードというものもあるらしいが、そのモードにも入れず

f:id:wen000:20171030230440j:image

という状況でした。

haji-dia.pink

こちらの方と同じのようです。さらに、修理の結果まで同じ。

haji-dia.pink

任天堂からの連絡によると、

  • 基盤に故障がみられたので、故障部品の交換を行った
  • 本体保存メモリ内に作成されていたデータを取り出すことができなかった

とのこと。具体的には、

  • 本体に保存されていたソフトのデータは消えていた(こちらは再ダウンロード可能)
  • アルバムやセーブデータも消えていた
  • フレンド登録はニンテンドーアカウントに紐付いているらしく、そのまま
  • amiiboについてはamiibo側に紐付け情報が入っているらしく、設定画面からクリアして再度紐付けしなおし

という状況です。

保証期間中なので無料でしたし、到着時や状況確認が行われるタイミングなど随時メールで連絡があったりと対応自体は良かったのですが、正直ここまで育てたsplatoonのデータが失われたのは悲しい。やりこんでたとまではいかないですがそれなりにやってましたし、この間のフェスのサザエも受け取ってなかったのになあ。検索してみるとチート対策と書かれているページもあったのですが、逆にこういうオンライン対戦のゲームでホスト側に情報持ってないとそれこそチート出来そうな気がするのですが…。

現状では本体を二つ目買ったときにセーブデータの移動もできないですので、これは是非早急になんとかしてもらいたいところ。任天堂側でも認識してないわけではないと思うのですが、オンラインサービス有料化の暁にはクラウドにアップロードみたいな機能が実装されるといいですね。

wikiに仕事のナレッジを残していくのは果たして正しいのか

仕事に必要な情報とか、やったことのログを残していくというのはもちろん大事なことで、結構みなさんやっておられるかと思います。ただ、それを社内wikiみたいなところに残していくのって果たして正解か?と疑問に思うことがあったので、ちょっと備忘録と自分への戒めも兼ねて書いておきます。

運用方法と、今回何がおきたか

うちは社内ではconfluenceを使っており、対応した人がログ残したり会議の議事録メモをとったりしてます。

今回何がおきたかというと、社内で納品物を作る際に別のディレクターの方が違うものを作成依頼していました。その際にその方が参考の資料としていたのが、ぼくが昔に作ったwikiのページ。

昔に作った資料を元に作られたので、当然現状と違うところが出てくるわけです。そのためモノは作り直しに。

wikiの問題点:自分は読み返さない

この場合、べき論としては仕様が変わった際にぼくが書き換えるべきでした。

ただ、ぼくは仕様が変わったことを知っているのでwikiを見なくても把握できちゃうので、そもそもwikiのページ自体を見ないんですね。なので、古い情報が残っている、という事実自体を把握できていなかったわけです。ここで見ていればまた話が変わってきたのですが。

上記のディレクターの方は逆にwikiの情報を正として見ているので、改めて他の人に確認したりはしません。いちいち確認とってたらwikiの意味ないですからね。

社内の情報共有はどうあるべきか

理想としては、

  • 何かと連動してて一つが変わると全部変わる
  • 過去に作った項目を更新すべきタイミングが分かる
  • 変更点を見落とさない(これについては今のconfluenceでもウォッチに追加とかでできますね)

とかでしょうか…。

これをツールで全部やろうとすると、なかなか難しいのではないかと思います。少なくとも現状のwiki(confluence)では不可能なのでは?(実は何かの機能でできる、とかあるかもですが…)

今回の件に関しては単に連携不足という点もあるので、「ちゃんと横同士で共有しっかりしましょう」である程度は済む問題かもしれません。ただ人のやることは必ずミスが起こるものなので、めんどくさい事はできるだけツールに任せたいですね。

客をナメてるやつは腹がたつ。

二ヶ月ほど前、宮森はやとさんというブロガーの方がこういう記事をアップしていました。

www.miyahaya.com

※正直この人ヒップホップ自体ナメてんなとか思いますが、そこまで言及しだすと話が長くなるので触れません。言いたい人は個別に思う存分ディスろう!

31歳からラッパーを目指すという事についてはまあ僕も否定はしません。齢を取ってから音楽家になった人はあまり思い浮かびませんが、漫画畑だと青木雄二先生なんかではデビューが大変遅かったことでも有名ですね。

ラッパーに憧れていたと言ってる割に、「YO!YO!と韻を踏むミュージシャン」というヌルい表現をしてるあたりもまあまあ許せるラインだと思います。表現上わかりやすいとかもありますしね。

目標が武道館でライブ、という所では苦笑してしまいましたが、理想がたかいのは良いことです。

そんな宮森さん、二ヶ月でこんな記事をアップしています。

www.miyahaya.com

最初にこの記事を読んだ時はちょっと腹が立ちました。

「ぼくってラップで世の中に言いたいことってそんなに無いな」と気づいてしまったんですよね。

っていうあたりで、この人好きって言ってる割にラップ / ヒップホップの事あんまり知らないんだなと想像がついたから。(思い返してみよう。スチャダラは何についてラップしてたか?デラソウルは何についてラップしてたか?)

次に、あーよく考えるとありがちなワナビパターンだなと思ってちょっと笑いました。高校生くらいだったらいいけど、30歳過ぎてこれは痛いけどまあまあ…。

ただ、よく見てみるとめちゃめちゃ腹が立ったのはこの部分。

決まっていたLIVEにも出演は致しません。

多分下記のエントリで挙げられているライブの話だと思うのですが、

www.miyahaya.com

お前300人集めるってどういうことか分かってんのか?

普通に入場無料のイベントやっても300人なんて来ませんよ。ましてや客は入場料払って来てるんです。
地元とかで地味にイベントを何回も何回もやって、それでお客さんに入場料以上に楽しんでもらってまた次にも来てもらって、それがまた評判に繋がって有名な人にも出てもらえて、またお客さんが来てくれて、っていう果てしなく地味なループの結果が300人なんですよ。

バンドやってる人とかDJやってる人とかなら分かってもらえると思うんですけど、世界でそういうのやってる人の半分以上は固定客ついてないと断言してもいい。そんな中でほとんど自費持ち出しでカツカツになりながらも「おれはこういうの好きだから」「せめて来てくれた人には値段以上に楽しんでいってもらいたいから」っていってやってるんですよ。自費っていうのはライブハウスの費用はもちろん、バンドだったら楽器とか機材、DJだったらレコードやCDは当然のように自前です。人によっても違いますが、ギターやベースだったら弦は消耗品だし、スネアも割れる。DJだったら古い曲ばっかりかけるわけにはいきません。月に一万円で済んだら安い方じゃないでしょうか。

それで「ブログやってます」「ラッパーはじめました」で、「やっぱりラッパーできません」で出ないのは、はっきり言ってお客さんナメてるし、人をナメてるとしか思えないです。

上にも書いたけど、高校生とかじゃないんだからさ。もうちょっと自分の言う事 / やる事には責任もとうぜ。

switch向けにオススメなmicro sdカードはこれ!

SDカードの規格について

SDカード、そもそも規格がたくさんあってよくわからんですよね…。まとまっているサイトを調べたところ、下記のページが分かりやすく記載されていました。

Android 用おすすめの SD カード特集!選ぶポイントは容量と転送速度

ざっくりまとめると、SDXC、CLASS10のものを選べば大丈夫、ということみたいですね。

どのメーカーが良いか

何箇所かサイトを回って調べてみたところ、Sandisk東芝Transcendあたりは安定性や転送速度などの品質が良いようです。ただし偽物が出回っているらしく、正規品販売と名乗っているところ以外(海外からの通販とか…)は注意したほうが良いかもしれません。

容量はどのくらい必要か

買うゲームの量による、といってしまえばそれまでなのですが(笑)。本体の容量が32GBであり、かつ頻繁に入れ替えするのは避けたいタイプの商品ですので、大きければ大きいほうが良い、と考えていいかと思います。

結論:サンディスクの200GB!

これが値段と容量のバランスを考えると一番良さそう!並行輸入だと8000円代で買えてしまいます。256GBになってしまいうと途端に高くなってしまいます。現在400GBも販売されているようですが、三万円程度するようでさすがにちょっとお高め。(日本のAmazonでは取り扱いがないようです。512GBくらいあればかなり安心できるのですが、調べてみると2015年に出るという発表がされた後音沙汰がないようです。

2017年現在は半導体はどこでも使われてるので(それこそswitchとか、各種スマホとか…)相場が値崩れし辛い状況になってると聞きました。これだけで今後数年問題なしとはちょっと言い辛いですが、これでも足りなかったら同じの買ってさらに入れ替え、ですかね…。

サンディスク ( SANDISK ) 200GB microSDXC アダプター付き [海外パッケージ] SDSQUAR-200G-GN6MA